浮気問題や離婚の問題解決にはガルエージェンシー山形        023-629-6171 お問い合わせ
HOME 浮気問題 離婚問題 リンク




 

離婚問題 浮気問題
 
 
浮気調査トップ
まず浮気を知ること
相談タイプ別
ご主人に浮気された方
奥さんに浮気された方
恋人に浮気された方
浮気相手のことを知りたい方
浮気調査するとどうなる?
浮気の慰謝料
浮気の解決方法
浮気調査の料金
浮気調査Q&A
浮気コラム
どんな人が浮気をする?
尾行なんて簡単でしょ?
浮気問題 調査事例
打ち合わせの事例
調査事例1
調査事例2
調査事例3
調査事例4
調査事例5
調査事例6
調査事例7
調査事例8




離婚トップ
離婚を考えたら
不貞行為とは
親権と養育費は
調停申立てに関して
 夫婦関係解消
 円満調整
いざ決戦!離婚調停
裁判離婚へ進展
慰謝料の相場はどの位?
離婚には何が必要なの?
離婚協議書に関して
公正証書に関して
最近の離婚の傾向
熟年離婚
離婚届の書き方


 
リンク
会社概要
 

 

離婚に関して財産分与や養育費などの取り決めを行った際、この取り決めを公正証書にして残しておくことをお勧めします。
これは公証人が法律に従って作成する公文書です。
離婚の際の取り決めを書面にした「離婚協議書」と違い、養育費などの支払いが滞った際に裁判所の手続きを介さず相手の財産に対して強制執行ができます。
なお、先に述べた「離婚協議書」は、離婚成立前にすでに財産分与・慰謝料の清算が済んでいて、そのことを明確にし、後のトラブルを防ぐという場合には有効な手段です。

公正証書を作成するにあたり、取り決めの金額に応じて手数料が異なります。
公正証書は公証役場で公証人によって作成してもらいますが、いきなり公証
役場に行ってすぐに作成してもらえるというわけではありません。
前もって原案を作成しておくことをお勧めします。
公証役場には、夫婦両者が行くのが原則です。
公正証書の作成には本人確認が必要になりますので、印鑑証明(夫婦各自の
運転免許証、パスポート、外国人登録証明書も可)、実印、戸籍謄本、不動産の
登記簿謄本(財産分与の対象になる不動産がある場合)の持参が必要になります。

離婚する際の公正証書を作成してもらうのに、公証役場へ行く前に夫婦両者で取り決めしておかなければいけない事項があります。予め決めておかなければ、すぐに公正証書を作成してもらうことはできません。

未成年の子がいる場合の親権者及び監護権者、養育費の金額、支払期日、
支払方法
慰謝料の金額、支払期日、支払方法
財産分与をする場合の物件又は金額、現金の場合は支払期日、支払方法
執行認諾条項の取り決め(養育費などが不払いの場合、すぐ差押えが出来る)
年金分割を請求する場合は按分割合
   解決の第一歩は確実な証拠から
  ご相談・お見積りは無料です。
ご契約の有無に関わらず、当社が知り得たお客様の情報が外部に漏れることは一切ございません。

 
 
 
  山形県山形市香澄町3−3−27−2F | 地図 |       メールでのお問合せ・ご相談
 
HOME  浮気問題  離婚問題  リンク
ガルエージェンシー山形
〒990-0039 山形県山形市香澄町3−3−27−2F
ガルエージェンシー山形 (c)2009 GALU Agency All rights reserved